那賀町木沢・高城山のレーダー塔と樹氷。

標高1628m!。ナカ奧ダイヤモンド樹氷。

▲ナカ奧(那賀町木沢地区)の剣山スーパー林道にある高城山登山口から少し登るとダイヤモンドの森が待っていた。

今日7日は、立冬。「りっとう」と読みます。というわけでついに冬が到来。2018年の立春まで、長い長い白の季節がやってきます。

そこで吹く、寒い寒い北風には、人と人をいっそう近づけるチカラがあったりして、ピジョンズ・パーク(P.P)は四季の中でも、ことにお気に入りのシーズンだったりするのです。

標高1628m。吉野川沿いの平野部からは雲より高い位置にある高城山の山頂付近では、一足も二足も早く冬が訪れていました。

(P.P)が足を運んだのは5日(日)の朝。昇ったばかりの陽が、霧氷の森に差し込み、あたかもダイヤモンドのように輝き、(P.P)を包みこんで迎え入れてくれたのでした。

▲木々の枝は凍り付き、空気はキリリと固まっていたけれど、風はなく、過ごしやすかったから、(P.P)は長居をしてしまったのだ。

▲まるで花の山だ。

▲誘ってるンだね。ボクのこと。

▲レーダー雨量観測所のレーダー塔も凍ってた。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「那賀町木沢・高城山のレーダー塔と樹氷。」への2件のフィードバック

コメントを残す