三好市山城町・大歩危峡と紅葉。

やっぱりええなぁ。吉野川ッ!。

▲雨上がり。霧が降りてきた。

見慣れたと思っていた吉野川・大歩危峡の表情なのだけれど、どうしたものか季節や時間やそのときの “三好市山城町・大歩危峡と紅葉。” の続きを読む

三好市池田町・夕暮れの池田ダム湖。

湖面を染めるイタノの紅葉。

▲平成12(2000)年3月に開通した徳島自動車道が湖上を貫いている。完成したときは、「すっげぇっ!」と興奮したものだけれど、あらためて見上げると、すっげぇスリムだったのね。

三好市池田町イタノ。今から遡ること42年前。昭和50(1975)年、吉野川に築かれたコンクリートダムは重力式のこ “三好市池田町・夕暮れの池田ダム湖。” の続きを読む

那賀町木沢・ファガスの森「高城」と紅葉。

紅葉とシカ肉カレーは11月いっぱい。

▲ファガスの森は「いつもホンマにきれい」と、(P.P)は思うのです。

日本一長い未舗装道「剣山スーパー林道」(総延長87.7km)にある休憩宿泊施設のレストラン・ファガスの森「高城」 “那賀町木沢・ファガスの森「高城」と紅葉。” の続きを読む

那賀町木沢・高城山のレーダー塔と樹氷。

標高1628m!。ナカ奧ダイヤモンド樹氷。

▲ナカ奧(那賀町木沢地区)の剣山スーパー林道にある高城山登山口から少し登るとダイヤモンドの森が待っていた。

今日7日は、立冬。「りっとう」と読みます。というわけでついに冬が到来。2018年の立春 “那賀町木沢・高城山のレーダー塔と樹氷。” の続きを読む

那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。続々編

ナカ奧で仰ぎ見る渓谷の美。

▲高の瀬峡に架かる吊り橋。秋は、その赤い色が保護色になって見えにくくなるのだ。

ふるさと徳島は山国とも評され、称する緑豊かな森林県。山山が連なり渓谷が間を埋める徳島の秋は、無数の色が折り重なる紅 “那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。続々編” の続きを読む

那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。続編

渓谷をおおうナカ奧の秋景。

▲赤の席捲。次第に赤が濃くなっていく。

ナカ奧(那賀町木頭地区)に深く刻まれた渓谷“高の瀬峡”。赤や黄や橙が入り交じり、そこに「無い色は無い」と、ピジョンズ・パーク(P.P)に “那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。続編” の続きを読む

那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。

断崖を包む秋色もみじ。

▲ゴージャスな装い。色の毛皮だ。

ふるさと徳島を代表する紅葉名所『高の瀬峡』。毎シーズン、ピジョンズ・パーク(P.P)は紅葉を楽しみに足を運びます。そして “那賀町木頭・“高の瀬峡”大紅葉。” の続きを読む

那賀町・太龍寺山の紅葉。

太龍寺こぼれ秋画像。

▲南無大師遍照金剛。標高500mの弘法大師坐像。

ふるさとは徳島の平野部は、今日も暑い一日でした。今頃になって、少し雲が出て涼しくなっています。今夜は冷えて、少しは秋が “那賀町・太龍寺山の紅葉。” の続きを読む

那賀町・太龍寺山の紅葉。

染まり始めた第21番札所太龍寺の境内。

▲本堂へ続く石段。傍らでカエデが紅葉をはじめていました。

11月に入って、お天気続きのふるさと徳島。爽やかに秋晴れって感じじゃなくて、ジリジリとおでこを焦がし、首筋に汗が “那賀町・太龍寺山の紅葉。” の続きを読む

吉野川市鴨島町・吉野川堤防のクワガタムシ

さよなら。夏の記憶。

▲木枯らし1号が関東を洗った数日後。吉野川堤防みちで、今年初の邂逅(かいこう)=偶然の出会いが──。
「どちらへ?」(P.P)
「居場所を探してるんですよ」
「居心地のいい木が見つかりますように」(P.P)
「ありがとう。あんたにも、落ち着ける場所があるといいな」
「ええ、ホントに…」(P.P)

今号は、おまけ画像からポッポニュースです。ピジョンズ・パーク(P.P)が近くの吉野川堤防を散策中、とぼとぼと前を行く一匹の虫に出会いました。よく見れ “吉野川市鴨島町・吉野川堤防のクワガタムシ” の続きを読む