愛媛県新居浜市・生子山に山行。

県外編:えんとつ山の頂へ。

▲標高約144.7mの小高い丘「生子山」。その山頂近くにそそり立つのは、レンガ造りの煙突。

今号も県外編。愛媛県新居浜市。ランドマークのひとつに煙突山(えんとつやま)の愛称で呼ばれる山があります。正体は「生子山(しょうじやま)」。標高約144.7mの丘山です。そして山頂直下に、別子銅山から産出した鉱石を処理する旧山根製錬所がかつてあり、その施設の一部であるレンガ造りの煙突が保存されていることから、えんとつ山の由来になっているのだそうです。煙突の高さは19m。周囲は公園に整備されていて春、桜の咲く頃にお弁当を広げてみたいものだと、まだまだ膨らむには早い、花のつぼみを見上げながら、ピジョンズ・パーク(P.P)は想いを早々に膨らませていたのです。

▲別子銅山記念館のそばに登山口があります。そこからエッチラオッチラ。ランニングイベント参加後だったため、カラダの動きはすこぶる快調。あっという間に山頂へ。

▲すでに先客さんたちが。

▲春に、また呼んでください。そしたら、きっと来ます(=^・^=)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください