新居浜市立川町・龍河神社。

県外編:天然記念物の社叢に囲まれた神域。

▲拝殿に設置された金縁の扁額。龍河神社に初参拝させていただきました。

国領川に沿って走る県道47号線を、「えんとつ」山から南方のマイントピア別子(別子銅山の施設跡などを利用したテーマパーク)へ向かう途中、鬱蒼と茂る小高い丘があり、ピジョンズ・パーク(P.P)は、その奧に登る長い石段を見つけました。どうやら参道のようで入り口には石造りの立派な鳥居があり、扁額(へんがく)には龍河(りゅうかわ)神社と記されていました。お風呂を呼ばれる前に、もう一汗ということで、石段を数えながら、えっちらおっちら。市の天然記念物に指定されている社叢の深部、282段上った先に、物静かに佇む拝殿が建立されていました。

▲県道47号線沿い、マイントピア別子の近くに参道入り口はあります。

▲参道はすべて石の階段。282段積んで、境内まで延びています。

▲境内を包む杜は、新居浜市指定の天然記念物だそうです。

▲282段の石段を登り切った先で、手水が凍っていました。

▲二拝二拍手一礼。しっかりとご挨拶させていただきました。

▲神殿の後ろ。天照大神を中心に氏神さまが祀られていました。

▲おまけの写真:(P.P)番ネコは、ホットカーペットの恵を存分に楽しんでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください