川島町桑村・弁財天も祀る市杵島神社。

水の女神様に参拝。

▲川島町桑村の「水」を守る市杵島神社。

川島町で、吉野川沿いを延びる堤防みちの南に田園地帯が広がっています。ここは桑村という地区で、地名はひょっとすると養蚕が盛んだった頃の名残なのかもしれません。そんな桑村に建立されているのが市杵島(いちきしま)神社です。社も鳥居も格別変わったところはなく、また大きくもないのですが、ピジョンズ・パーク(P.P)の目にアピールするチカラは強く、たびたび引き寄せられては、お参りさせていただくのです。拝殿に掲げられた扁額には「市杵島神社」と書かれています。しかし、境内入り口に建っている鳥居の扁額は「辨天神社」となっています。これは、弁財天が市杵島神社の主祭神である市杵島姫神(いちきしまひめ)と合体して祀られているためなのだそうです。ちなみに市杵島姫神は「道」の神様・宗像三女神の一柱で、「水」を守る神様でいらっしゃるそうです。このあたりの土地が肥沃で、作物もよく育つのはそんなわけがあったんだと、納得した(P.P)なのです。

▲主祭神である市杵島姫神と弁財天様は、当社で合体してひとつになったのです。

▲たびたび引き寄せられるのは、当社の女神さまに(P.P)がどうやら気に入られたからなのだろうと、思うのです。

▲冬の北風を遮り、夏の陽射しを和らげてくれる楠。ありがたい存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。