阿波市土成町・宮川内ダム公園の鯉のぼり。

水面を映した青空を泳ぐ。

▲宮川内ダムの水面を眼下に泳ぐ鯉のぼり。

戸外では、強い風の音が尾を引いています。予報では、これからますます強くなるのだとか。花が落ち始めた、いただきものの蘭を庭に出してしまったのだけれど、残りの花もきっと飛んでってしまうのに違いありません。

週末の今日のポッポニュースは、阿波市土成町を流れる宮川内谷川の水を蓄えた宮川内ダム湖畔を眼下におよぶ鯉のぼりの群れを紹介します。ダムは昭和39年、第1回東京オリンピックの年に誕生し、以来、近隣の灌漑に利用されてきました。

そうして春の桜や新緑、夏の深緑、秋の紅葉とふるさとの四季を目で楽しませてもくれます。ピジョンズ・パーク(P.P)が訪ねた一昨日、薫風を待って、コイたちも大空を泳いでいました。

▲今日のふるさと徳島は朝から強風。大丈夫だろうか。

▲薫風を待つ、コイの群れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください