新居浜市・慈眼寺の春まつり。

県外編:ボタンが香る色彩の境内。


▲慈眼寺の境内は、春の色彩があふれていた。

先日のこと。ピジョンズ・パーク(P.P)は思いついて、新居浜のマチを走っておりました。そうして行き着いたのは、正法山「慈眼寺」(じげんじ)。

境内から甘い香りが漂ってくるのにつられて参拝させていただくと、そこはボタンを中心に生花が色とりどり咲き誇り、来観者を迎え入れていました。

折しも、春まつり。秀吉の四国攻めや別子銅山にかかわる伝説が残る曹洞宗のお寺で(P.P)もしばしお花見を楽しませてもらいました。


▲正法山慈眼寺の境内から甘い香りが漂い出していた。


▲裏庭の庭園も開放されていた。


▲池では、コイとモミジが色合いを競っていた。


▲本堂を新緑がのぞき込んでいた。


▲ボタンて、とても甘い香りがしてたんだ。


▲手水石の縁を彩っているのは、五色幕が映り込んだもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。