吉野川美郷・美郷青少年キャンプ村「ほたるの里」。

咲き乱れる希少な山岳植物。


▲入園料300円を払って、ほたるの里に入場。

希少な山岳植物が満開しているとの情報に接し、ピジョンズ・パーク(P.P)は直ちに出動、これを目撃せんとす。当日、天気晴朗なれども風強し。

というわけでゴールデンウィークの一日、(P.P)は片道21kmあまりの道のりを踏破して、向かったのは、吉野川市美郷の山間に広がる美郷青少年キャンプ村「ほたるの里」。

急な山肌に守られた花園はまさに花真っ盛り、希少な山岳植物クリンソウやエビネランが咲き乱れていました。


▲ほたるの里の谷底。クリンソウが群生して咲いていた。


▲エビネラン。花色は白。およそ5000株が山の斜面を花園に開花していた。


▲赤紫に見える花色のエビネラン。これも結構な数、咲いていた。


▲これは2株だけ見つけた黄色のエビネラン。珍しいのだろな、きっと(=^・^=)。


▲石楠花(しゃくなげ)の大木が一本。青空を見上げていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。