京都府綾部市・グンゼ博物苑。

県外編:シルクの都へ、初入場。


▲おじゃましま〜す。

福知山には踏み入れたことはあった。確かにありましたっ! けれど隣町、綾部市は?と問われれば、ピジョンズ・パーク(P.P)は「はじめてっす」と答えなければなりませんでした。

でも、ふふふ。ふぇふぇふぇ。縁あってやっと…てへ。そして綾部市といえば、蚕糸(さんし)の生産で栄えた町。

というわけで、まず足を運ぶべきはココ、グンゼ博物苑。撮影可能な庭園と、創業蔵、それから近隣の通りを掲載しときます(=^・^=)。


▲子どもの頃からお世話になりました。


▲博物苑の中庭は、市民の憩いスペースとして開放されています。お弁当を広げる人、散策する人たちで賑わっていました。


▲顔入れしたかったぁっ。


▲昔ながらのお道具が展示されています。


▲絹を紡いだ機械。


▲どっちも恰好良いと思って…。


▲古い町並み。新旧和菓子屋さんが多いのが不思議。


▲この先にグンゼ博物苑はあります。そこまで、食堂を見つけることができませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください