神山町上分・せせらぎの里と新緑。

神通谷川に初夏の風が吹く。


▲小さな小さな花。この花の名は? 答えは4枚目に。

里山の香りがうたた寝する神山町神領では、はやホタルが舞い始めているのだそうです。ピジョンズ・パーク(P.P)のポッポニュースではお馴染みの雨乞滝の女神さま宅の庭を明滅する小さな煌めきが、ひとつ、ふたつ、ゆらゆらと光線を描いています。

そんな女神さまにお誘いいただき、久しぶりに(P.P)は神山町の深部を訪ねました。上分中津地区を流れる神通谷川のほとり。若葉の緑は透けて、谷を渡る風は濃い色をまとっていました。シーズンを前に(P.P)も、飛び始めたホタルに会いに再訪しようかな、なんて思うのです。


▲神通谷川のほとりは、ひんやり爽やかな肌触りがした。


▲贅沢な時が揺れている。


▲たぶんだけれど、ニワゼキショウの白花。初夏に咲く外来種。左の丸い花は、シロツメクサの花。

“神山町上分・せせらぎの里と新緑。” への2件の返信

  1. まるで山と川が同居していて両方楽しめる。神山でもこんな場所は珍しいと思う。紅葉が始まる頃、釜揚げうどんと天ぷら・・・・
    う~ん よだれが出てきそう☺

    1. 女神さま、コメントありがとございます。そして初夏の風がおどる王国にお誘いくださりありがとうございました。今度は、どこでミーティングできますかね?楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.