那賀町&阿南市・四国八十八ヶ所霊場第21番札所太龍寺。

厚み増す杜の緑。


▲緑濃くする第21番札所太龍寺の本堂へ。

道の駅鷲の里から太龍寺ロープウェイに乗車。ゴンドラに揺られ空中遊覧を楽しみながら、山犬嶽、舎心(捨身)嶽を過ぎて、虚空蔵菩薩様にご挨拶させていただきました。

緑の色を日に日に濃くする境内で、木々の葉は香りを強く放っては虫を誘い小鳥を集め、空に突き刺さる灯籠杉は鮮やかな陰影でボクたちの視線を絡め取るのです。今回のポッポニュースでは、四国88ヶ所霊場第21番札所太龍寺の季節を感じてもらえればと思います。


▲平日にもかかわらず山上駅には、多くのお遍路さんのスガタが。


▲道の駅鷲の里の山麓駅から山上駅まで約10分の空中遊覧。


▲寄り添っている。


▲境内のあちらコチラに杉の巨木が林立。参拝者に涼しい木陰を分けてくれます。


▲多宝塔。見上げて楽しむ。


▲多宝塔には五大虚空蔵菩薩が本尊として祀られている。それぞれ獅子、象、馬、孔雀、金翅鳥(こんじちょう)の上に座しているそうです。


▲聖域へ。


▲手水石。見かけたことのなり2匹の龍頭。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.