川島町・大正池と若い稲田。

昔ながらの風と青。


▲大正池と稲田。大正時代に利水のため作られたからこの名称になったのだとか。

どしゃぶりはどうかと思うけれど、旱のが続くと雨が恋しくなる。ほどよく涼しくなればいいけれど、雨がやたら続くと、青い空を見上げたくなる。川島町の高台に蓄えられた溜池「大正池」を望む棚田に、若い緑がそよぎ、上空には清々しい風が泳いでいました。


▲おや? 田んぼの奧に人影が…!


▲二人、三人…。あ!、違う(=^・^=)。


▲堪能しよ。ふるさとの色。


▲ずいぶん、大きいね(=^・^=)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください