大崎上島・神峰山に山行。

瀬戸内海を望む島の最高峰。


▲凪の瀬戸内海。こんな気持ちよさはなかなか味わえない。

瀬戸内海に浮かぶ大崎上島(広島県豊田郡大崎上島町)の最高峰、神峰山(かんのみねさん・標高約452.6m)の眺望を楽しんできました。山行途中では、瀬戸内海に浮かぶ115にもおよぶ島を眺めることができるそうです。

ピジョンズ・パーク(P.P)が訪ねた日曜日。瀬戸内海に青空が広がり、気温は急上昇。炎天下での山行となりましたが、どこまでも視界が広がる雄大な風景を楽しむことができました。

今日の徳島は、近づきつつある台風7号の影響もあって、朝から雨。夕方には風も出てきました。こんな日には、エアコンの効いた部屋で、(P.P)のポッポニュースでものぞいてもらえればと思うのです。


▲神峰山に登頂。


▲登山口。海抜は数メートル。山頂までひたすら上り約2kmの道のり。


▲瀬戸内海は、たくさんの新しい船が生まれる場所でもある。


▲石鎚神社に参拝。


▲薬師堂の鐘。木陰で一休み。


▲お地蔵たちも一休み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください