三好市山城町・とびの巣峡。

峡谷は変わらない。


▲とびの巣峡。垂直に落ちる自然の滝。

人は、自然を征するが、勝ちきることはできない。そうして自然に負けないのは自然だけ。強風は森の木に受け止められて静かになるし、強烈な陽射しは雲が遮ってあたたまる。そうして大雨も谷に飲まれればいつか大人しくなる。三好市山城町栗山地区を流れる白川谷川に刻まれた「とびの巣峡」は、増水していましたが、そう先じゃない日、澄んで流れるのに違いありません。


▲滝壺を見に行くドローン。


▲鳶の巣谷が白川谷川に注ぐ。


▲白川谷川に造られた滝を観に行く。


▲どこまで、自然に近づけるのだろう。操縦しているのは伊丹迅さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください