三好市池田ダム湖/ウェイクボード選手権大会

競場は水上じゃない。空中だ!


▲初めて目にする光景だった(=P・P=)

ウェイクボード世界選手権大会(第30回記念大会WWAウェイクボード世界選手権大会2018)が、池田ダム湖(三好市池田町イタノ)を競技場に開催され、世界30カ国から約200人にもおよぶ選手が出場。日頃から積み重ねた練習の成果を存分に発揮していました。ピジョンズ・パーク(=P・P=)は、池田ダム湖事務所に、ダムカードをもらいに行ったのを幸い、ちょこっと会場をのぞかせていただきました。


▲クルクル回って、また跳んで。


▲遠い昔。ニゴイを釣ったダム湖は、国際色豊かな賑わいに彩られていた。


▲ウェイクボードのほかに、ウェイクスケート、ウェイクサーフィンも行われたらしい。


▲バンドの生演奏も楽しめた。


▲ふるさと徳島「池田町」に世界30カ国から競技者が訪れたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください