ふるさと西端のうだつ。


▲吉野川に日が沈み、うだつの通りを夕日が走る。

脇町、貞光、井川、そして池田町。共通しているのは寂しい銀座通りではなく、可能性を内包した古き通り「うだつの町並み」だ。

街角(町並み)ウオッチャーを自認するピジョンズ・パーク(=P・P=)が察するところ、同じうだつとは言え、通りのカラーは一様ではないようだ。脇町はうだつをうだつとして修復保存することで観光名所化を図っている。王道だ。二層うだつという特異な形態を見せる貞光の通りは、剣山への登山口という優位性もあって人や車の往来が絶えない。井川町はタバコの商いで栄えたマチだが手つかずのまま寂しく朽ちはじめている一面もある。

そして井川町同様に刻みタバコで繁栄したのが池田町だ。本町筋と呼ばれる通りにうだつをあげた商家が残こり、そしていくつかはリノベーションされてカフェや宿泊施設などに生まれ変わり、多くの元気が集まりはじめているように見える。

エネルギーは笑顔を呼び、駆け足で膨らんでいく。見届けたいな、そんなマチのスガタを。街角ウオッチャー(=P・P=)として楽しみながら。


▲描かれていたのは、マチの賑わい。


▲お誘いいただいて、ウエノの丘の端に鎮座する諏訪神社に参拝。


▲かつて山際に日本専売公社(たばこ)の工場が建っていた。懐かしく記憶しているひとはまだまだ多いのに違いない。


▲丘陵地の上に立つ高校の建物。耐震化から、いかめしく見える。


▲「チワーッス」「あ、こんにちわ」(=P・P=)ほころぶ。


▲あ、きみもウォッチャーなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください