上板町・技の館ととくしま上板熱中小学校

できるかも!が見つかるところ。


▲技の館。ガラス張り。

藍染めや和三盆糖といった上板町に残されている伝統工芸を紹介する施設として、平成10年に誕生した「技の館」。ドーナツ型の建物の中心に、丸い緑の芝生広場を備え、2階建ての建物はガラス張り部分が多く、研修室や体験施設が並んでいます。

ここで現在、とくしま上板熱中小学校という事業が行われています。さまざな分野で活躍する専門家に学び、自らの可能性を探ることで、「自分にはこれができるかも!」といった未来を手に入れることができる場が提供されています。

夏のある日の夜のこと──。ピジョンズ・パーク(=P・P=)は、とくしま上板熱中小学校で開催されていたイベントをフラッとのぞいてみました。


▲展望所。星空観察会が開催されていた。


▲緑の中庭。


▲ここで「できるかも!」が生まれる。きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください