阿波市市場町・吉野町/吉野川北岸堤防みちと秋祭り

お囃子の音と、お神輿と。


▲事代主神社で秋祭りが催されていた。境内に綱引きを楽しむ子らの歓声が弾けていた。

空は青く高く、雲は白く薄く、風は透けて軽く、笛の音は弾けて響く、吉野川北岸堤防みち。

ピジョンズ・パーク(=P・P=)は、赤い穂を白く開き始めたススキがそろって揺れる光景に秋の息づかいを感じ、こころを遊ばせてきました。

秋雨が続く肌寒い朝夕に、(=P・P=)が出会った心地よい肌触りを届けられたら…そんなふうに思って、本日のポッポニュースです。


▲案内神社。聞き慣れない社名だが…。昔、屋島の合戦に向かう源義経を案内した藤原親家を祀っていることから、案内神社となったそうだ。ここでも秋祭り。神輿が元気なかけ声とともに家々を巡っていた。


▲吉野川北岸の堤防みちから阿波中央橋を望む。気延山や眉山が見える。


▲阿波中央橋から吉野川の川縁をのぞき込んだ。ここに立てるのはカワウやシラサギをおいて他にはない。

“阿波市市場町・吉野町/吉野川北岸堤防みちと秋祭り” への2件の返信

  1. 最後の写真、
    珍しい砂の模様を、光と陰が一層印象深いものにしていますねー。
    講釈だけは一人前の女神です(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください