那賀町木沢/秋の高城山へ山行

色の季節へ。


▲ブナの森が高城山まで尾根伝いに茂っている。

高城山は標高約1630m。那賀町と美馬市木屋平との境にそびえる緑濃い山。
ブナやミズナラといった広葉樹の森が、夏は木陰をつくり、秋は彩りを添えて、
ピジョンズ・パーク(=P・P=)をはじめとした登山者を心からのおもてなしで迎えてくれます。


▲尾根の方々で見かけるコンクリート柱。


▲町から見上げると雪で白く見えたことから高白山と名付けられ、それが高城山に変化したとも言われている。


▲ファガスの森に生まれた、小さな笹。ほんの少し以前まで、ファガスの森から高城山に至る尾根は、笹の森だったという。


▲高城山レーダー塔から剣山スーパー林道の登山口へ降りる山肌は、笹の葉で覆われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください