石井町石井/柿の実

昔は良かった。それほんと?


▲柿は藩政の時代も、そのもっと以前から実り続ける。

昔は良かった。ほんとに?

昭和と聞くとマンガ「三丁目の夕日」やそれを元にした映画「ALWAYS三丁目の夕日」に出てくる風景や人間模様をイメージします。貧しくとも笑顔があり、生き生きとした暮らしの情景。昔は良かった。ほんとに?

その当時にみんなが抱いた夢が平成という時代を生んだことに間違いはない。大量生産大量消費というと聞こえは悪いけれど、貧しくとも前向きでいられたのは飽食の時代を手に入れられると信じていたから。

30年の月日は瞬く間に走り去り、平成の終わりが見えてきた今、平成に生きた人々が迎える未来のスガタはどんなカタチをしているのでしょう。

新しい時代に立つ人々が、昔は良かったと、平成を振り返ることがないようにと、昭和の味をたっぷり残した秋の風景を目前に、ピジョンズ・パーク(=P_P=)は願うのです。


▲石井町のとある神社の境内。銀杏が葉先を少し黄色に染めていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください