山川町/JR川田駅とスイセン。

△JR川田駅舎内。列車が出たばかりで、とても静かだ。

●おこうっつぁんが見守るホーム。

JR徳島線の駅はすべて行き尽くし知り尽くしていると思い込んでいたピジョンズ・パーク(=P_P=)は、先日、抜かっていたことを思い知りました。

JR徳島線、愛称:吉野川ブルーラインで、徳島駅(を含めて)から16個目の駅「JR川田駅」の駅舎内に初入場。ちなみにJR徳島線の駅は徳島駅と阿波池田駅を含め、徳島/佐古/蔵本/鮎喰/府中/石井/下浦/牛島/麻植塚/鴨島/西麻植/阿波川島/学/山瀬/阿波山川/(川田)/穴吹/小島/貞光/阿波半田/江口/三加茂/阿波加茂/辻/佃/阿波池田の順番に並んでいます。

国道192号線の南隣を平行して走る旧道沿いにあるため、クルマで通りかかることもなく、見逃していたのです。駅名は「かわた」「kawata」と読み、無人駅ですが駅舎もホームも美しく清掃整頓されていました。

線路脇ではスイセンの群生が満開の見頃を迎え、その上に立派な桜の並木が枝を伸ばしています。「これはもう、桜花のシーズンに再訪しなければならない!」と(=P_P=)に固く決意させるに十分なイメージを備えた駅の佇まいなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください