うだつアリーナから春散策。

脇町の土手道で「菜の花」耽美。

▲土手道の下に広がる河川敷を菜の花の黄色が埋める。竹藪の向こうに、吉野川がゆったり横たわっている。

三連休中日の今日、ふるさと徳島には暖かな春の陽ざしが降り注いでいます。大地を潤して、西から東へ流れるふるさとの大河・吉野川の周辺では、群生する菜の花が “うだつアリーナから春散策。” の続きを読む

美郷で終盤咲き梅園を散策。

気だるく香る梅の花。

▲天野梅園の紅白梅花。花は散り始め、香りも弱くなっていました。だけどシーズン最後の花見に足を運んだ(P.P)の、眠気を誘うのに十分な香りと陽気でした。

今日のふるさと徳島は晴れ。表を歩くとヒリヒリ日焼けしそうで、時折吹き付ける風は、まだ底冷え感のある冷たさを “美郷で終盤咲き梅園を散策。” の続きを読む

鮎喰川上流に架かる新橋工事を見学。

真っ直ぐな道をつくるために上分2号橋。

▲完成を3月下旬に控え、工事が進む上分2号橋。下の渓谷は清流の鮎喰川。

本日、2本目のポッポニュースです。お楽しみください。

しだれ桜が街道沿いを彩ることで人気のスポットといえば、山深いことでも知られる神山町のメーンロード国道438号。蛇行して “鮎喰川上流に架かる新橋工事を見学。” の続きを読む

青空が似合う白亜の鳴門市ドイツ館。

梅花と第九初演の地の記念館。

▲第一次世界大戦の折、捕虜となったドイツ兵と地域住民との交流の歴史を伝える鳴門市ドイツ館。

1914年〜18年にかけて世界を二分した戦いがありました。第一次世界大戦です。このとき連合国側に組みしていた “青空が似合う白亜の鳴門市ドイツ館。” の続きを読む

平家伝説も残る美濃田の渕の絶景。

県西部で吉野川景勝を望む。

▲美濃田の淵を吉野川上流に向かって望む。左奧の構造物は井川変電所。

今日のふるさと徳島は朝から冷たい雨が降っています。午後になっても、ポツリポツリとハッキリしません。好天に恵まれた昨日(土)、出かけておいて良かった “平家伝説も残る美濃田の渕の絶景。” の続きを読む