美波町/第23番札所医王山無量寿院 薬王寺。

△仁王門。気持ちが凛とします。

●厄除の古刹へ参拝。

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

一年ぶりに参拝させていただきました。四国88ヶ所霊場のうち「発心の道場」と呼ばれる徳島県最後の札所、第23番札所薬王寺。

旧日和佐町の町並みを望む高台の上。

男女厄除けの石段を登り、本堂、大師堂で手を合わせ、高さ30m近い瑜祗塔(ゆぎとう)を見上げて、今年のピジョンズ・パーク(=P_P=)の厄を祓っていただきました。

吉野川市鴨島町/鴨島八幡神社。

△はや桜の便り。鴨島八幡神社の境内にて。

●梅花と桜花の競演!のはじまり。

ふるさと徳島の空は灰色。朝のうち陽光が射し、清々しい空気が満ちていたのを幸いと、ピジョンズ・パーク(=P_P=)は、近所の神社にお参りさせてもらいました。

早起きは三文の徳──さっそく福をいただきました。

二拝二拍手一礼。参拝を終えて境内を見回すと、南の隅で大きく育った5、6本の梅の木が。そのどれもが、梅花を満開させて甘い香りを惜しげも無く、あたりに振る舞っていました。

加えて境内北側の隅に、近年植えられたばかりの小さな桜の木を見つけました。緋寒桜なのでしょうか、つぼみは大きく膨らみ、すでに花を咲かせている枝もあります。

梅花と桜花の競演の本番は今週末でしょうか? 

競演のはじまりに呼ばれ、おかげさまで、曇り空の今日も、とても良い気分で過ごしている(=P_p=)なのです。

美馬市脇町/建神社(天王宮)。

△参道入り口で見上げた石造りの扁額。

●うだつをあげた町の丘の上の宮。

吉野川北岸にバイパスが整備され、その北側に延びていた脇町の幹線道路、県道12号鳴門池田線(鳴池線)はいまは静かな通りになっています。

美馬庁舎(徳島県西部総合県民局)の北向い猪尻地区の小高い丘の上に、今号の訪問先「建神社」はひっそりと佇んでいました。

鳴池線の沿道から境内に延びる石段は急勾配で、結構な段数があります。参道入り口の石の鳥居を見上げると扁額(へんがく)には「天王宮」の文字。建神社の旧社名なのか、かつてここに天王宮と呼ばれる社があったのか、通称なのか、いろいろと創造が膨らんでいくのです。

石段をじっくりと愉しみ、お招きくださった主祭神に二拝二拍手一礼。ピジョンズ・パーク(=P_P=)は謹んで初詣させていただきました。

川島町/岩の鼻展望台。

△どうやって彫ったものか。岩の鼻の断崖絶壁の上、そこら中に落書きがありました。

●阿波九城跡の落書き。

吉野川市川島町にかつて阿波九城『川島城』が築かれていたそうです。阿波九城とは、徳島藩の要所9ヶ所を守備する支城。

そんな支城のひとつだった川島城は、四国三郎吉野川を望む『岩の鼻』と呼ばれる断崖の上に築かれ、自然の要害を利用した堅牢な城だったそうです。しかし江戸時代創生期(1615年)に出された一国一城令によって廃城となり、現在はその姿を見ることはできません。

岩の鼻の麓に再建されたレプリカ川島城は展示室、貸し会議室などに利用されていましたが、耐震対策などから、今年4月で休館する予定なのだそうです。そして本丸跡である岩の鼻は展望台となり現在に至っています。

一国一城の主気分を満喫しようと、久しぶりに登ってみて、あれれと気づきました。頑健な岩肌に彫り込まれた文字。人の名前のようでもあり、しかもたくさん。あちらにもこちらにも。

著名な落書きアーティストの話題が最近興味深いのですが、こんな所にも大変な苦労の痕跡を発見して、ヤレヤレと嘆息するピジョンズ・パーク(=P_P=)なのであります。

阿波市阿波町/八幡日吉神社。

△天狗の面。武者の絵。階段の奥に神殿がある。

●高台の古刹参拝。

ふるさと徳島の景勝「阿波の土柱」に近い阿波市阿波町十善地でご利益を恵んでいる八幡日吉神社です。7年前の2012年に社殿の大修理が行われ、現在にその姿を刻み、未来にその歴史を伝えます。ピジョンズ・パーク(=P_P=)も一年に数度、参拝させていただきそのご利益に浴し、お礼に当社の有り様を記録させていただくのです。

阿波市阿波町/史蹟・六十一庚申塚。

△阿波市阿波町十善地の一角に集められた61基の庚申塚(塔)

●三尸の虫を見逃すな。

人の体の中には、上巳(じょうし)、中尸(ちゅうし)、下尸(げし)という三匹の悪い虫が巣くっているのだそうです。棲んでいるといっても、ほんとは囚われている状態なのだそうで、自由になるためには宿主が死ぬことが条件になっています。

そのため人が眠り込んだ特別な夜、こっそり閻魔大王に連絡を取り、宿主の悪口を伝えて、寿命を縮めてくれるようお願いすると信じられていました。そこで人々は三尸が悪さをしないよう眠らずに番をする日が生まれました。

その日が庚申の日。60日に一度巡ってくる2019年の庚申の日は、1月23日(水)、3月24日(日)、5月23日(木)、7月22日(月)、9月20日(金)、11月19日(火)。

ピジョンズ・パーク(=P_P=)のポッポニュース読者のみんなには、せいぜい御用心いただきたいのです。

鳴門市大麻町/葛城神社と手水鉢。

△大谷焼の里の東。県道12号線の北にこんもりと鎮守の杜。

鎮守のさざれ石。

ふるさと徳島の伝統工芸「大谷焼」の里の東に鎮守「葛城神社」が建立されています。県道12号線から真っ直ぐ北へ延びる参道の奥に巨木を茂らせた鎮守の杜がひときわ目を引きます。

場所は鳴門市大麻町姫田大森。

葛城神社と聞けば、同市北灘町粟田に建立された目の病に霊験あらたかと評判の高い葛城神社が思い浮かびますが、こちら地域を守る氏神さまだそうです。境内で出会った地元の方の話によると、境内の手水鉢が貴重なものだそうで、さざれ石の巨岩を2つ鉢状にくり抜いてもので、存在感をあらわにしています。

ずっと昔、遠路運んでくる際、あまりの重さに耐えかねた牛が死んでしまったのだとも。

また、社の屋根瓦の装飾や彫り物も技巧に満ち、地域の宝ものとして愛されているのだそうです。

ピジョンズ・パーク(=P_P=)にとっても、十数年前に呼ばれて以来、年に数度、機会をいただいてはお参りさせていただくお気に入りスポットなのです。

山川町/岩戸神社と岩戸の甌穴。

△岩戸神社。山崎忌部神社七摂社の一。

神話と伝説と。

山川町忌部山に建立されている山崎忌部神社は、ピジョンズ・パーク(=P_P=)お気に入りプレイスのひとつ。

そして忌部神社周辺に控える七摂社も年に数回は参拝させていただく聖地です。七摂社の一社に岩戸神社があります。住所は山川町岩戸。忌部神社の北500mほどの場所です。

岩戸…神話めいた地名にロマンを感じながら参拝し、伝説が残る境内の名勝「岩戸の甌穴」も見逃せないポイントとなっています

吉野川市/鴨島八幡神社/元旦

△鴨島八幡神社の拝殿で書かれた2019年の漢字「蓄」

●書家のお書き初め!

巨大な和紙に揮毫(きごう)された漢字一文字。毎年暮れに「今年の漢字」として、清水寺で発表されています。昨年は「災」でした。多くの災害に見舞われた年でした。

さて、今日2日は「書き初め」の日。ピジョンズ・パーク(=P_P=)は何を書こうか思案中。書き初めでは、やはり希望に満ちた言葉にしたいなと思うのです。

今年2号目となる本日のポッポニュースは、元日、年代わりと同時に鴨島八幡神社の拝殿で揮毫された漢字一文字。ワクワクして待っていると「蓄」という漢字でした。

どんな願いが込められているのか、想像が膨らみます。筆を振るったのは、吉野美苑さん。書の脇に書かれている名前を頼りにググってみると、地元の書家さんだそうです。力強い一文字に、(=P_P=)は明るい未来を感じていたのです。

年末年始/鴨島八幡神社/川島神社

△お焚き上げの炎を囲む。年を送り、新に年を迎える。

2019年 快晴のお正月!

ポッポニュース読者のみなさま、明けましておめでとうございます。年賀状に換えて、この場をもって新年のご挨拶をさせていただきます。

2019年、新しい年もピジョンズ・パーク(=P_P=)がテキスト&フォトで綴るポッポニュースをどうぞご愛読ください。

新年最初のポッポニュースは吉野川市に建立されている2社の年末年始の様子。一社はJR鴨島駅前通りに面して建立されている鴨島八幡神社。もう一社は川島城に隣接する川島神社。

お焚き上げ、注連縄、お正月飾り、門松などが準備された境内の静けさと賑わいを記録しました。