四国88ヶ所霊場第8番札所熊谷寺の桜花。

春おんばさらたらまきりく。

▲納経所の桜も、良い感じで見頃(=^・^=)。

千手観音菩薩を本尊にまつる熊谷寺。「くまがや」じゃなくて「くまだにじ」と称する、四国88ヶ所霊場第8番札所 “四国88ヶ所霊場第8番札所熊谷寺の桜花。” の続きを読む

阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。

信仰の象徴を集めたパワースポット史跡。

▲一基でも地域の守り神なのに、庚申塚が六十一基も集まっています。大変なチカラが渦巻いているかもしれません。

昔、日本の風習のなかで、眠ってはいけない日というのがあったそうです。それが庚申の日。「こうしん」「かのえさる」と “阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。” の続きを読む

石井町石井尼寺の御瀧神社。

次はきっと石段の頂へ。

▲国道192号を西へ車を走らせていた(P.P)。国府町から石井町へ移ってすぐ、黄色い花に彩られた鳥居を見つけました。

本日のふるさと徳島は清々しい空気が満ちる、申し分のない晴れ。ピジョンズ・パーク(P.P)は、朝から所要があって “石井町石井尼寺の御瀧神社。” の続きを読む

神山町の重要文化財 粟飯原家住宅を訪問。

300有余年の歴史を重ねた阿波の民家。

▲梅花の風景を探して彷徨ったピジョンズ・パーク(P.P)がたどり着いたのは、歴史を感じさせる粟飯原家住宅。当家で現在も暮らす粟飯原さんが、重文家屋の歴史を話してくださいました。

雲早山(くもそうやま・標高約1496m)を源に、神山町を潤して流れる鮎喰川。その上流部、下分栗生野地区の山裾に切妻屋根の堂々とした平屋家屋が “神山町の重要文化財 粟飯原家住宅を訪問。” の続きを読む

大麻比古神社と御神木大クス。

阿波国一宮に参拝。

▲大麻比古神社の拝殿。参拝にあたって、あとで広い境内と周辺の杜を散策させていただくのも楽しみのひとつ。

清々しい青空が、早春のふるさと徳島を包んだ数日前のこと。ピジョンズ・パーク(P.P)は、阿波国一宮とも称される大麻比古神社へ “大麻比古神社と御神木大クス。” の続きを読む