吉野川市鴨島町・向麻山の山頂広場。

桜花シリーズ:丘上の枝垂れ桜は今日満開。

▲枝垂れ桜の巨木。向麻山の象徴的存在だ。

▲見上げるばかりが、桜じゃない。

吉野川市鴨島町のランドマーク向麻山(こうのやま・標高約92m)。テニスコートや遊具広場、山頂の展望広場、林間遊歩 “吉野川市鴨島町・向麻山の山頂広場。” の続きを読む

吉野川市鴨島町:向麻山の紅葉。

標高92mのサクラ秋色。

▲山頂の神社(竜眼神社・御嶽神社)にお参りさせていただきました。

吉野川市鴨島町のサクラ名所はたくさんあって、そのひとつに向麻山(こうのやま・標高約92m)も数え入れていいでしょう。そし “吉野川市鴨島町:向麻山の紅葉。” の続きを読む

鴨島町:山麓文化の道と国一八幡宮。

地域の歴史をたどる道。

▲国一八幡宮。初めての参拝。

吉野川市鴨島町と南隣の神山町を隔てる山脈の鴨島町側の麓。ほぼ東西に古い街道が延びています。鴨島町のランドマーク・向麻山(こうのやま・標高約92m)の南面 “鴨島町:山麓文化の道と国一八幡宮。” の続きを読む

散り始めた向麻山の桜花。

年々すごみを加える丘の上の桜。

▲桜花を見上げて、思案にくれる。アイデアもひと味違うのだろう。

国道192号をのんびりドライブしていると、鴨島町上浦地区で、国道に臨むコメダ珈琲店の “散り始めた向麻山の桜花。” の続きを読む

昭和精機工業(株)鴨島工場前の桜花五分咲き。

牛島で桜並木が赤い花を咲かせたら…。

▲牛島を走る県道235号線沿いで、一足早く桜花が五分咲き。

吉野川市鴨島町内で、一足早く赤みの強い花を咲かせる桜並木が、牛島地区を走る県道235号線沿い西側で見られます。通称、といってもピジョンズ・パーク(P.P)が、そう “昭和精機工業(株)鴨島工場前の桜花五分咲き。” の続きを読む

鴨島町・向麻山

標高92mの秋

向麻山の白ノラ
▲向麻山はネコ山でもある。たくさんのノラたちが棲んでいる。

徳島市から西へ20kmほどの距離にある鴨島町は、かつて養蚕と製糸で栄えたことで知られます。そんな歴史ある町のランドマークのひとつに、桜の名 “鴨島町・向麻山” の続きを読む

向麻山の桜花

散りゆく丘桜

P4049580▲午前中の雨に負けず咲き残る桜花。

午前中は雨。午後は曇り。ずっと気温は高く、クルマのフロントガラスがすぐに曇って、ドライブには向かない一日でした。 “向麻山の桜花” の続きを読む

向麻山の妖怪桜

再度の、下見。

P3299441▲3日前の前号と比べて花の密度が増しています。

ふるさと徳島では、今週末あたりに各地の花見名所で桜花が見頃を迎えそうな雰囲気です。 “向麻山の妖怪桜” の続きを読む

向麻山の桜花

しだれ咲き

P3259407

しだれ桜のほうが、どうもソメイヨシノよりも早く咲くようです。吉野川市鴨島町のランドマーク向麻山(こうのやま・標高約92m)が遠目に赤く色づいているように思え、偵察に足を運びました。そこで目にした光景に浮かんだのが冒頭の感想です。 “向麻山の桜花” の続きを読む

山頂の初日の出

徳島市沖の海上に初日の出が見られたのは7時7分頃。
ピジョンズ・パーク(P.P)の陣取る向麻山(こうのやま・標高約92m)の
山頂公園に朝日が差したのは、
それから20分余り遅れた7時30分過ぎのこと。

公園展望台から東に望む気延山(きのべさん・標高約212m)の稜線を
あっさりと2016年のご来光が越えてきました。

この公園で(P.P)が初日の出を迎えるのは初めて。

太鼓の演奏があり、書き初めショーがあり、
多くの人々が集まって、とても賑わしく、
一年の計の出発点として、ここに立つのは悪くないと感じたのです。

_MG_3296▲2016年1月1日。向麻山山頂公園には、多くの人が訪れ、
イベントを楽しみながらご来光を待っていました。

_MG_3317▲気延山に連なる稜線が金色に輝きました。
_MG_3331▲向麻山山麓の國中八幡神社に初詣。
配られた紅白のお餅は、さっそく雑煮で味わいました。

このあと、元気がわいてきた(P.P)は、
吉野川市川島町の川島神社、忌部神社へ梯子参拝。
次号で、ご紹介します。お楽しみに(=^・^=)。

ふるさとのチャームポイント:吉野川市鴨島町の向麻山