山川町/JR山瀬駅/緋寒桜。

△JR山瀬駅前の緋寒桜。

●春は、いつだって前倒し。

このところ、春が早まってるとよく耳にします。目にします。肌で感じています。吉野川市西端の山川町にも、かなり早く春がやってきているようで、JR徳島本線の山瀬駅舎の周辺でも、先週末には緋寒桜が満開の見頃を迎えていました。

ちなみに山川町は、山瀬町と川田町、三山村が合併し、昭和30年に誕生しています。吉野川市になったのは、平成16(2004)年。鴨島町、川島町、美郷村との合併により現在の山川町地区になっています。

山川町/青空と岩津橋。

△橋柱が北詰にだけある珍しいスガタ。

●心ひかれる吉野川の吊り橋。

国道192号から望む岩津橋(いわづばし)の架かる風景です。山川町と阿波町を結んで、吉野川に架かる吊り橋で、長さは175m、幅は10m余り。

いくつもの奇岩が顔をのぞかせる岩津の淵を眼下に、ヒトも歩いて渡ることができます。吉野川に架かる多数の橋の中でも、珍しく阿波町側の北詰にだけ橋柱が立つ片斜張橋で、どの方向からも美しいスガタをしています。

ピジョンズ・パーク(=P_P=)お気に入りの橋の一本です。

△国道192号。奥が西方向。高い空の光景にも、低い雲の日にもよく似合う。

吉野川市山川町/満開の紅梅。

△国道192号からも、よく見える。

●春、薫る。

阿波町と山川町を結んで四国三郎吉野川に架かる吊り橋「岩津橋」。この橋の南詰(山川町)近くから、種穂忌部神社に向かう急な登り坂の参道が延びています。

そうして参道の入り口近くで毎春、いち早く開花し、美しいスガタと甘い香りを振る舞ってくれる一本の紅梅を見つけていました。

いつしかピジョンズ・パーク(=P_P=)は通りすがるたび、国道192号からもよく見えるこの梅の木の開花を心待ちにするようなっていたのです。

満開を目の当たりにする幸運は、先日ついに(=P_P=)にもたらされました。

吉野川市川島町・峯八峠の桜花。

桜花シリーズ:峠を彩る春の色。

▲川島町側の峯八峠から山川町へ下るフルーツロード。いつもは黒い道が、ピンク色に輝いていた。

吉野川市川島町と山川町を結んで、吉野川南岸の山肌に延びる通称フルーツロード。ちょうど中間地点の峯八峠に植えられ “吉野川市川島町・峯八峠の桜花。” の続きを読む

吉野川市山川町&川島町:秋雨にけむる忌部神社。

あれっ! 水も滴る狛犬さんっ。

▲山川町忌部山の忌部神社を守る狛犬さん(阿像)。いつも見逃していたのに、雨の中で目を離すことができなくなっていた。

ふるさと徳島は朝から雨。窓外の風景は灰色に沈み、それだから肌寒さも余計に感じてしまうのかもしれません。こんな日、ピジ “吉野川市山川町&川島町:秋雨にけむる忌部神社。” の続きを読む