吉野川市川島町・峯八峠の桜花。

桜花シリーズ:峠を彩る春の色。

▲川島町側の峯八峠から山川町へ下るフルーツロード。いつもは黒い道が、ピンク色に輝いていた。

吉野川市川島町と山川町を結んで、吉野川南岸の山肌に延びる通称フルーツロード。ちょうど中間地点の峯八峠に植えられ “吉野川市川島町・峯八峠の桜花。” の続きを読む

吉野川市川島町・フルーツロードの樹花。

里山も花盛り。

▲この木は、どんな実を付ける?

桜の便りをたずねて吉野川市川島町と山川町をつなぐパイロット道路、通称フルーツロードへクルマを走らせ “吉野川市川島町・フルーツロードの樹花。” の続きを読む

吉野川市川島町・テントウムシと菜の花と。

川中島に春の便り。

▲春が来たそうですね。知らないけど。

一日雨。強く降ったり、緩んでみたり。それでも風は暖かく、きっと梅の開花も進んでいるのに違いないのです。日本一の面積 “吉野川市川島町・テントウムシと菜の花と。” の続きを読む

吉野川市&神山町・焼山寺山からの帰りの大冒険。

山はちょっとこわいね。

▲長いこと山中を這い回り、やっと人里へ。こんなに近くに見えるのに、山中で一度、道を見失うと恐怖がとりとめもなく膨らんでくるのです。※草の名前は、通称だけれど「ひっつきもっつき」だったっけかなぁ。

本日の、今夕のピジョンズ・パーク(P.P)はへとへと。へとへともへじなのです。遍路ころがし “吉野川市&神山町・焼山寺山からの帰りの大冒険。” の続きを読む

吉野川市川島町・堀割峠近くの展望広場。

冬至の枯れ峠。

▲不思議とこんななんでもない風景を探したくなる時があるのです。堀割峠近くの展望広場から川島方向を見る。

冬枯れた風景に出会いたくなって、ピジョンズ・パーク(P.P)は、標高約333m(くらいかな?)の堀割 “吉野川市川島町・堀割峠近くの展望広場。” の続きを読む

川島町・川島城からの眺望。

レプリカ城天守に登ってみたよ。

▲川島城の天守閣から西方を望む。右奥に流れているのは、吉野川。

ピジョンズ・パーク(P.P)も、その何というか例に漏れず、高いところに登りたがる生き物なのでありますっ。

高所が決して得意なわけではないのですが、どうしたものか、目指しちゃったりしてね。ときに足はすくんで、悪くすると、降りられなくなってしまったりするのに、やっぱ “川島町・川島城からの眺望。” の続きを読む

大正池あたり上空の青。

青空を見上げて思案。

▲棚田を耕すトラクター。よくよく見れば、恰好良いスガタをしているのです。奧に見えるのは川島町のランドマーク「大正池」。

先週の日曜日。ピジョンズ・パーク(P.P)はシゴト場の近くで田植えの風景に出くわしました。これまで意識したことがなかったのですが、田植えって4月の終わ “大正池あたり上空の青。” の続きを読む

吉野川市川島町・岩の鼻から暮れる陽と吉野川眺望。

冬の日の暮れ方に。

▲(P.P)が川島町の名所のひとつ「岩の鼻」に登るのを待っててくれたようだ。冬の陽は「それじゃ」と言って、おこうっつぁんの向こうに去って行った。

「今日もいい日だったなぁ」と、ピジョンズ・パーク(P.P)は振り返っています。これといって特別なことはなかったけれど、咳もでないし熱っぽくもない、お腹も “吉野川市川島町・岩の鼻から暮れる陽と吉野川眺望。” の続きを読む

川島町・“大正池”一周散歩道

残秋、見ぃ〜つけた。

_mg_5436▲大正池のまわりで、画に描いたような秋色が広がっていた。

寒い季節の到来を一番意識するのは秋の終わり。真冬になると、不思議と春をリアルに感じ始めるのです。現状に満足しない、自画自賛しちゃえば “川島町・“大正池”一周散歩道” の続きを読む

吉野川市川島町・旧街道

賑わい去っても心奪う石垣の通り

dscf9733▲どんな計算をすれば、こんなに繊細で美しく、力強く積めるのだろう。

本日は大盤振る舞い! 3本目のポッポニュースです。日本中、あちらこちらにある風景。ふるさと徳島でも、 “吉野川市川島町・旧街道” の続きを読む