阿波市吉野町・吉野川に架かる阿波中央橋南詰めの眺望。

冬の神様のプレゼントは光のシャワー。

▲雪も雲も霧も高越山に降る。

今日は寒い一日となりました。空気もかなり乾燥しているのでしょうね。ピジョンズ・パーク(P.P)も乾い “阿波市吉野町・吉野川に架かる阿波中央橋南詰めの眺望。” の続きを読む

鴨島町・善入寺島と田んぼの稲。

たくさん収穫できるといいね。

▲たわわに実った、ふるさとの味覚。

今日のふるさと徳島の空は、薄曇り。暑さがとれて、朝、シャワーしていると肌寒さを少し感じました。暑いのは辛いし、寒いのは淋しいし、困った生き物な “鴨島町・善入寺島と田んぼの稲。” の続きを読む

吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。

ニッポン最大の川中島探検。

▲昔は粟島(あわしま)と呼ばれ、人も住んでいた善入寺島。井戸は使えそうにありませんが、当時の暮らしの息づかいが浮かんできます。

ふるさと徳島には、なにげに日本一とか世界一の自慢があったりします。

たとえば、神山町の “吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。” の続きを読む

やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。

青空の下、たくさんの笑顔が駆け抜けた。

▲号砲一発! コースへ元気いっぱいに駆け出すランナーたち。

今日のふるさと徳島は、朝からスッキリと晴れて、空気の冷えもほどほど。過ごしやすい一日となりました。そして全国的にもマラソンシーズンまっただ “やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。” の続きを読む

阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。

信仰の象徴を集めたパワースポット史跡。

▲一基でも地域の守り神なのに、庚申塚が六十一基も集まっています。大変なチカラが渦巻いているかもしれません。

昔、日本の風習のなかで、眠ってはいけない日というのがあったそうです。それが庚申の日。「こうしん」「かのえさる」と “阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。” の続きを読む