阿波市吉野町・吉野川に架かる阿波中央橋南詰めの眺望。

冬の神様のプレゼントは光のシャワー。

▲雪も雲も霧も高越山に降る。

今日は寒い一日となりました。空気もかなり乾燥しているのでしょうね。ピジョンズ・パーク(P.P)も乾い “阿波市吉野町・吉野川に架かる阿波中央橋南詰めの眺望。” の続きを読む

鴨島町・善入寺島と田んぼの稲。

たくさん収穫できるといいね。

▲たわわに実った、ふるさとの味覚。

今日のふるさと徳島の空は、薄曇り。暑さがとれて、朝、シャワーしていると肌寒さを少し感じました。暑いのは辛いし、寒いのは淋しいし、困った生き物な “鴨島町・善入寺島と田んぼの稲。” の続きを読む

吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。

ニッポン最大の川中島探検。

▲昔は粟島(あわしま)と呼ばれ、人も住んでいた善入寺島。井戸は使えそうにありませんが、当時の暮らしの息づかいが浮かんできます。

ふるさと徳島には、なにげに日本一とか世界一の自慢があったりします。

たとえば、神山町の “吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。” の続きを読む

やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。

青空の下、たくさんの笑顔が駆け抜けた。

▲号砲一発! コースへ元気いっぱいに駆け出すランナーたち。

今日のふるさと徳島は、朝からスッキリと晴れて、空気の冷えもほどほど。過ごしやすい一日となりました。そして全国的にもマラソンシーズンまっただ “やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。” の続きを読む

阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。

信仰の象徴を集めたパワースポット史跡。

▲一基でも地域の守り神なのに、庚申塚が六十一基も集まっています。大変なチカラが渦巻いているかもしれません。

昔、日本の風習のなかで、眠ってはいけない日というのがあったそうです。それが庚申の日。「こうしん」「かのえさる」と “阿波町小倉・史跡 六十一庚申塚に参拝。” の続きを読む

阿波市土成町・ヤギとポニーが迎えてくれる癒やしプレイス。

あああ、癒されます…。

▲ヤギさん、こんにちわ。それにしても、ぷっ、足が短くないですか(=^・^=)? え? 太ってしまったからって…。仕方ないね。つながれてちゃ、運動はなかなかできないもんね。

阿波市の土成町と市場町を結ぶ広域農道に自動販売機がたくさん並ぶ、コインスタンドがあります。ドライバーさんやお遍路さんも利用するの “阿波市土成町・ヤギとポニーが迎えてくれる癒やしプレイス。” の続きを読む

阿波市土成町・切り干し大根の畑にて。

寒風がはぐくむアジワイ。

▲土成町の畑で大量の大根と格闘する老夫婦と出会った。

週末でもクルマの通りが比較的多い広域農道が、阿波市市場町の金清自然公園からJクラシックゴルフクラブ前を経由して “阿波市土成町・切り干し大根の畑にて。” の続きを読む

阿波市市場町・四国88ヶ所霊場第10番札所切幡寺

善女の寺へ初詣。

▲参道で「女」が輝いていた。やはりここは、善女の寺なのである。

昔々、僧衣がほころびて困っていた弘法大師(空海)に、織りかけていた布を切って分け与えた女性が、後に千手観音菩薩となったと伝えられ “阿波市市場町・四国88ヶ所霊場第10番札所切幡寺” の続きを読む

わらぐろとコスモス

秋晴れの下で。

pb123502▲小さいわらぐろが無数に作られていました。朝靄(あさもや)の中に立ってみたいと思うのです。

1週間ほど前の11月12日。青く晴れ渡った秋の空の下で、小春日和の暖かな風に、コスモスが紅白の花をたゆたわせ、 “わらぐろとコスモス” の続きを読む

陽気に誘われて

神社巡りと裏山山行

ふるさと徳島を流れる吉野川中流域の北岸。
のどかな田園が魅力的な風景のひとつになっている阿波市土成町が横たわり広がっています。

DSCF5835▲御所神社を後にして、高速道路をくぐり、広域農道を辿った先に延びる路地。あっ!居たっ!(=^・^=)
“陽気に誘われて” の続きを読む