●天を突く千年杉。

△西照神社の境内にそそり立つ灯明杉

標高約946mの大滝山。美馬市脇町を走る阿讃山脈の山頂近くに建立されている西照神社は、月読尊(つくよみのみこと)を主祭神に祀り「月神の宮」とも呼ばれています。

そんな西照神社には様々な霊験が伝えられ、ことに境内にそそり立つご神木の杉には、文字どおり神様が宿っていると言われます。樹高は50m、樹齢は500年と推測され、「灯明杉」「千年杉」の名称で信仰を集めています。

新しい元号「令和」が今日から施行されます。ミレニアムの彼方まで「平和が続くように」と、平成の終わりを目前にした先日、ピジョンズ・パーク(=P_P=)もしっかり願ってきました。 (美馬市/脇町/西照神社/灯明杉。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。