●そこにもここにも薫風絶景。

△半田そうめんのふるさとつるぎ町。長野地区から望む緑の絶景

ほどよいコシのしなりが生み出す絶妙な歯ごたえと、ぎりぎりの限度を保つ太い麺が演出する究極ののどごしで、ピジョンズ・パーク(=P_P=)のグルメ魂を魅了する、ふるさと徳島の逸品「半田そうめん」。

ノスタルジックな味覚のシーズン本番を目前に、いっそう美味しくいただく覚悟を決めようと、(=P_P=)は逸品の生まれ故郷つるぎ町を訪ねました。

逸品を育てるのは、素材と水と半田そうめんづくりに取り組む人々の情熱と熟練の技術。

…だけじゃありません。きっと。

そうめんをそうめんたらしめるには、半田にしか吹かない特別な寒風が欠かせないのだと(=P_P=)は信じてうたがわないのです。

薫風の今、冷気を求め、愛車の悲鳴を聞きながら登ったのは半田長野地区。切り立つと表現するのがふさわしい山の斜面に集落が張り付く里は標高にしておよそ700m。

緑がおおう深い谷を望み、吹き下ろす山風を飲んで、(=P_P=)は半田そうめんシーズンの訪れを、あらためて心待ちにしたのです。 (つるぎ町/半田長野/半田そうめん/ノスタルジー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。