●県外編:乙女河原から徒歩10分。

△龍が飛んでいるような姿から飛龍の滝と。

前号に引き続き、本日のポッポニュースも仁淀川沿いの景勝編。みかえりの滝からさらに奥へクルマを進めると、今から65年ほど溯る昭和32年に発見された秘瀑「飛龍の滝」に出会えます。

安居川に直接触れられる乙女河原というポイントがあり、沈下橋(潜水橋)を渡ると、そこから北方向へ緑の遊歩道が延びています。

徒歩約10分。観光客が多く訪れるのでしょう。整備された遊歩道は草刈りもしっかり行われていて歩きやすく、谷の風景をのんびり楽しみながら比較的安全に飛龍の滝にたどり着けました。 (仁淀川町/安居渓谷/飛龍の滝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。