●県外編:ザ・仁淀ブルー「にこ淵」。

△仁淀ブルーにこ淵

仁淀ブルーのキーワード検索からすぐにピックアップされるのが「にこ淵」。かつて地元では水神の居所と伝えられ、うかうかと近づくことをはばかれる神聖な場所だったそうです。

聖地やパワースポットに敏感を自称するピジョンズ・パーク(=P_P=)は、いそいそとした気持ちを抑え、こころ静かに、厳かに、枝川川が落ちる滝壺「にこ淵」の水際に立たせていただきました。 (いの町/枝川川/にこ淵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。