●県外編:鉄製のおみくじ。

△川上神社のおみくじ筒。参拝のあと、振らせていただきました。

おみくじというと、100円払ってひく、白い紙がクルクルと畳まれたタイプがすぐに浮かびます。開くと、大吉だの中吉だの末吉だの運勢が大書きされて、詳細な解説が書き込まれています。ピジョンズ・パーク(=P_P=)も、ときおり買い求めては小さな一喜一憂を楽しんでいます。

以前、香川県綾川町に足を運んだ際、川上神社の扁額にお招きいただき、鳥居をくぐり参拝させていただきました。その際、出会ったのが木製のおみくじ筒。

両手に余るくらい大きく、重さもかなりありました。勇んで振ってみると、金属のおみくじ棒が出てきました。先のほうに切り込みがあり、数えてみると8本。

参拝させていただいた拝殿の入口上部に「御鬮(みくじ)表」と書かれた板が張られています。第8番目の解説が、この日の(=P_p=)の運勢に当たるのでしょう。見事、大吉を引き当てておりました! (綾川町/川上神社/おみくじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。