●県外編:弥生時代を歩く。

△吉野ヶ里遺跡から再現された弥生時代の集落・国

大正時代の終わり頃に、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町で、本格的な調査が始まった吉野ヶ里遺跡。現在は、吉野ヶ里歴史公園として整備され、紀元前5世紀から紀元後3世紀にまたがる弥生時代の集落、そして国づくりの様子を巡回しながら学び、感じることができる施設として公開されています。

先日、ピジョンズ・パーク(=P_P=)は公園を訪ね、邪馬台国そして国を治めた弥生人・卑弥呼にも想像を遊ばせてきました。とはいえ見学できたのは100haを超える広大な敷地のほんの一部。

国(集落)を守る堀や砦、そして当時の暮らしを再現した弥生人の家や王の居所、さらに政を行った国会に当たる建物などあり、とても一日では回りきれるものではありません。再訪を約し、少しだけですがポッポニュースに記録しておきます。  (佐賀県/吉野ヶ里遺跡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。