●ごちそうは暮れの光景。

▲光の季節を満腹させてくれた大地の恵みが、そこにもここにも。

秋の始まりは、夏の終わり。いつの間に終わってしまったのか…。

それを多くの季節で知ることはありません。なんとなれば、やってくる新しい季節はいつだって輝いて眩しく、どっぷりはまる心地よさをともなっているものだから。

数ヶ月前、光あふれる時間を無防備に受け入れたボクたちは、やがてついに、つるべ落としの暮れに気づいて、物思いという新たな喜びに耽るのである。  (スイカ/鴨島町)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。