●「ねずみの王」に倣う。

△ねずみの王「カピバラ」さん

今年も残すところ一週間。時の流れは勢いを増すばかり。ピジョンズ・パーク(=P_P=)が櫂を漕ぐ、日常という小さなカヌーは、鋭く突き出す岩のようなハプニングを何とか除けながらの這々の体(ほうほうのてい)。それでも何とか無事に新しい年を迎えられそうです。

そんなわけで、平成最後にして令和最初の干支「亥」さんを労(ねぎら)いつつ、新しい年の干支「子」さんを思ってみるのです。で、どうせ想像するなら、ナンバーワンを!というわけで(=P_P=)は、とくしま動物園に齧歯類最大を誇る「ねずみの王」を探しました。

その動物の名前は、カピバラさん。群れてのんびりと過ごしています。中型犬ほどもある体格を、不釣り合いに細い四肢が支えているにもかかわらず、素早く動くこともできるようです。干支の最初に数えらるのも、素早い身のこなしがあったればこそなのかもしれません。

(=P_P=)もカピバラさんに倣(なら)い、新しい年を大抵はのんびりと過ごし、激流にあっては旨く躱(かわ)していこうと思うのです。 (#とくしま動物園/#徳島市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。