●干支の引継式

 

大変な年だった令和2年も今日で店じまい。コロナ禍のもとで、イベントや冠婚葬祭、ちょっとした呑み会に至るまで、人の集まる機会が徹底して失われた年として記憶に残ることでしょう。日本中が静かな年末年始となる中で、新しい年、令和3年は未来を覆っていた雲が切れ、次第に晴れていくことを願わずにはいられません。ピジョンズ・パーク恒例の干支の引継式では、毎年のことではあるのだけれど、いつもより強く、世の中の賑わいとみんなの笑顔を祈念しました。「シアワセがギュウっと詰まった、それはモウ、とても良い年になりますように。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。